本文へスキップ

行政書士試験絶対合格! 短期合格を目指す通信講座選び

行政書士試験について

  

試験要項

■ 試験日 : 11月第2週の日曜日に実施
■ 試験時間 : 午後1時から午後4時まで
■ 願書配布期間・受験申込受付期間 : 8月上旬〜9月上旬
■ 受験資格 : 特になし(どなたでも受験できます)
■ 合格発表 : 翌年1月下旬


試験科目

■ 行政書士の業務に関し必要な法令等 46題
・・・憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法、基礎法学

■行政書士の業務に関連する一般知識等 14題
・・・政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

合計60問 / 300点満点

出題形式

■ 行政書士の業務に関し必要な法令等 : 択一式(多肢選択式を含む)及び記述式
■ 行政書士の業務に関連する一般知識等 : 択一式

※記述式は、40字程度で記述するものが出題されます。


合格基準【下記の要件のいずれも満たすこと】

●「行政書士の業務に関し必要な法令等」科目の得点が満点の50%以上である者
・・・法令等の得点が、244点中50%にあたる122点以上であること

●「行政書士の業務に関連する一般知識等」科目の得点が満点の40%以上である者
・・・一般知識等の得点が、56点中40%にあたる24点以上であること

●試験全体の得点が、満点の60%以上である者
・・・試験全体の得点が、300点中60%にあたる180点以上であること